[​Storage of Memory] きおくのきおく

15.Sept. -25.Sept. 2016

at Art + Craft Gally Sanshitsu,Nishiogikubo,Tokyo

Art+Crafts Gallery Sanshitsu

Nishiogukubo,Tokyo,Japan

あなたは一生でどれくらいの精神的かつ身体的な体験を持つことができる?

そ し て そ の た く さ ん の 記 憶 は あ な た の 肉 体 が こ の 世 の 中 か ら 消 え て し ま っ た 後 、ど こ へ 蓄 積 さ れ て い く の か し ら ? 記 憶という個 人 的 な 情 報 は 死 が 訪 れると共 に 消 滅してしまうの?

長 い 長 い 歴 史 の 中 で 、ひ と び と は 肉 体 を ミ イ ラ と し て 残 し て し て お く 事 で 肉 体 も 魂 も 蘇 る と 信 じ ら れ て き た 。 それを信じ続けた信仰の深さを私は羨ましく思う。

魂 や 記 憶 の 層 は そ の ま ま 永 遠 に そ こ に と ど ま り 続 け 、そ れ ら は 時 間 を 越 え て 私 の 心 に 響 い て く る 。

ひ と び と が 何 千 年 も 願 っ て き た 永 遠 の 命 や 身 体 を 得 る こ と は 可 能 な の か 、そ れ を 得 る と い う 事 は どういうことなのか、墓室または寝室をイメージした 空間で、鑑賞者が深い眠りに落ちたミイラ達を 眺める体験により様々な個人の記憶や、過去未来について気づきがあればうれしいです。

azumisakata:image17exhibition.JPG
azumisakata:image07exhibition.JPG

ギャラリーの空間にベットを設置し、そこに記憶の象徴であるクッションを重ね合わせたインスタレーション。
クッションには刺繍を施したりドローイングをしたりしています。

 

シルクのオーガンジーを何枚も重ねたドローイング。


シャブティ[答える人]が描かれています。

シャブティとはエジプトで死者が冥界での仕事をお手伝いする役割のお人形です。

死後の世界に想いを馳せてたくさんの[答える人]が死者と共にたくさん埋葬されています。


その[答える人]は実際活躍したのでしょうか?

生存している人々が死というものを受け入れるための大事なツールなのは確かです。

私は死を受け入れるのが怖いのです。だから作っています。

立体のシャブティもベットの上にいます

 
 






Ghost     mixed media

azumisakata:image08exhibition.JPG
azumisakata:image01exhibition.jpg













DM image

 

©2021 by Azumi Sakata